環境・・

バイオ燃料が量産されて、安く手に入るならば、二酸化炭素の排出量は減りますし、環境にもいいとされるバイオ燃料ですが・・バイオ燃料を生産するにあたり、バイオ燃料の原料の生産から始まり実際にバイオ燃料を使うまでの過程を総合的にみて判断しなければはっきりとしてバイオ燃料が環境に良いとは言い切れませんね。
バイオ燃料原料の植物を増産しなければならないので、当然畑の面積もかなりの増大になり、バイオ燃料の生産にあたり環境破壊にもつながらないとは断言ができません。
宮城県登米市ではバイオ燃料用に休耕田で多収穫米試験栽培がコストダウンが最大の課題ということで始まっています。
しかしながら、バイオ燃料はその特性上熱に弱いために、一定温度以上の場所に置いておくと酸化してしまう欠点があります。
管理温度が低いため、保存場所や容器等を選ぶ側面があるますが・・・
バイオ燃料を実際に自動車の燃料に混合させる場合には、燃料タンクの改良が要求される欠点も指摘されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。